ソーシャルスキルとイラショナルな信念尺度を始めるには、右下の「次へ」ボタンをクリックしてください。
結果は下位尺度ごとに項目平均値として算出されます。

本尺度は「人間関係に活かす認知行動療法(REBT)」の効果検証に使用しています。

次の出典を基に作成しています。

  • 藤本学・大坊郁夫. (2007). コミュニケーション・スキルに関する諸因子の階層構造への統合の試み. パーソナリティ研究15(3), 347-361.
  • 森・長谷川・石隈・嶋田・坂野(1994)不合理な信念尺度短縮版JIBT-20の開発の試み. ヒューマンサイエンスリサーチ, 3, 43-58.

※集積されたデータはコミュニケーションスキルとイラショナルな信念との関連性に関する研究の検証に使用させていただく場合があります。

あなたの性別をお答えください。
あなたの年齢をお答えください。
1.自分の衝動や欲求を抑える
2.自分の感情をうまくコントロールする
3.善悪の判断に基づいて正しい行動を選択する
4.周りの期待に応じたふるまいをする
5.自分の考えを言葉でうまく表現する
6.自分の気持ちをしぐさでうまく表現する
7.自分の気持ちを表情でうまく表現する
8.自分の感情や心理状態を正しく察してもらう
9.相手の考えを発言から正しく読み取る
10.相手の気持ちをしぐさから正しく読み取る
11.相手の気持ちを表情から正しく読み取る
12.相手の感情や心理状態を敏感に感じ取る
13.会話の主導権を握って話を進める
14.周りとは関係なく自分の意見や立場を明確にする
15.納得させるために相手に柔軟に対応して話を進める
16.自分の主張を論理的に筋道を立てて説明する
17.相手の意見や立場に共感する
18.友好的な態度で相手に接する
19.相手の意見をできるかぎり受け入れる
20.相手の意見や立場を尊重する
21.人間関係を第一に考えて行動する
22.人間関係を良好な状態に維持するように心がける
23.意見の対立による不和を適切に対処する
24.感情的な対立による不和に適切に対処する
1.いつも目が覚めるほど素晴らしい行いをしなくてはならない
2.私は常に業績を上げなければならない
3.私はいつも頭がよく働かなければならない
4.私はすべての点で有能でなければならない
5.いつも自分を引っ張ってくれる人が必要だ
6.頼れる友人がいなければやっていけない
7.相談できる人が常にいないと困る
8.常に指示してくれる人がいなければならない
9.泥棒はこらしめられて当たり前だ
10.重罪を犯した人は厳しく罰せられて当然だ
11.殺人を犯した人は死刑に処せられるべきだ
12.不道徳なことをする人は堕落した人間だ
13.いざこざが起こったときには、知らん顔をしているのにこしたことはない
14.人と話すときは、あたりさわりのないことだけを話した方が無難だ
15.物事を決めるときは、はっきり賛否を表さない方が無難だ
16.危険や困難には近づかないことだ
17.状況が思わしくないときは、すっかりやる気をなくして当然だ
18.何をやってもうまくできないときは、すっかりやる気をなくして当然だ
19.大きな災難に出会ったら、精神的に混乱するのが当たり前だ
20.大切な仕事をしているときに邪魔されるのは我慢ならないことだ