法人向けサービスとしては、SNSコーチング®の全社導入、メンタルヘルス対策および健康経営に関するコンサルティングを提供しています。

メンタルヘルス相談窓口

近年、健康経営優良法人の申請に必要なこともあり、メンタルヘルスの相談窓口を設置している中小規模の企業様が増えています。

大規模企業様の場合は、安全衛生担当部署が窓口となっていることが多いかもしれませんが、中小規模企業様の場合は、外部機関に外注しているところがほとんどではないでしょうか。

弊社のメンタルヘルス相談窓口の特徴は、インターネットを介した相談に特化している点です。インターネット相談には、ZOOMを使ったオンライン対面相談と、Chatworkを使ったテキスト相談があります。

SNSコーチング®

SNSコーチングRとは、メッセージングアプリを用いて、SNS感覚で気軽に活用できるコーチングです。コーチングというと料金が高かったり、仰々しかったりといったイメージがあります。それに対してSNSコーチングでは、通勤中やお昼休みなど、いつでも、どこでも、気軽にプロのコーチングが受けられます。忙しい社会人にピッタリのサービスです。

※SNSコーチングは(同)実践サイコロジー研究所の登録商標です。

メンタルヘルス対策にはカウンセリングというイメージが一般的ですが、カウンセリングというと、問題を抱えた人が受けるイメージが強く、利用を躊躇される方が多くいます。

それに対してコーチングは、目標達成やパフォーマンスの向上を目的として、行うものというイメージが定着しているため、利用に対するハードルが低いのが利点です。

さらに、コーチングは、モチベーションや従業員満足度を高め、メンタルヘルス不調の1次予防になるだけでなく、レジリエンスを高め、0(ゼロ)次予防としても機能します。

Q:どんなソフトウェアを使うの?

弊社では ChatworkR を活用させていただいております。ChatworkRとは、ChatWork株式会社が提供するコミュニケーションツールで、203,000社以上が社内SNS等として活用しています。

ChatworkRのアカウントは、メールアドレスがあれば作成でき、気軽に利用できます。また、ブラウザ上で利用するだけでなく、スマホ用のアプリ(ios、アンドロイド対応)もあるので、SNS感覚で活用できます。

やり取りの情報は、契約企業様のサーバー内に管理されるわけではなく、従業員様も安心して相談できます。

メンタルヘルス対策コンサルティング

大企業を中心にメンタルヘルス対策が進んでいます。最近では、人手不足を背景に、離職を防いで、採用者数を増やすために、中小企業でもメンタルヘルス対策に力を入れる会社が増えてきました。

一方で、特に中小企業では、メンタルヘルス対策について情報が不足しがちです。こころの耳など、情報源についてはご存知の方も多いですが、他の業務と並行して社内のメンタルヘルス不調防止体制を整備するのは容易ではありません。

地域産業保健センターや精神保健福祉センターなど、有益な外部資源についても、いちいち調べるのは面倒なことでしょう。弊社のメンタルヘルス対策コンサルティングでは、企業外資源についての情報提供も致します。

メンタルヘルス対策コンサルティングは、単独でもご利用いただけますが、SNSコーチング/カウンセリングと組み合わせるとより効果的です。相談者の秘密は守った上で、相談内容の全体的な傾向を踏まえて、有効なメンタルヘルス対策について助言いたします。

健康経営コンサルティング

特に中小企業を始めとしてメンタルヘルス対策が進まない背景には、メンタルヘルス対策をコストと捉える意識がありました。そんな中、メンタルヘルス対策をより良い経営状態を目指した積極的な投資の一環と位置づける健康経営という考えが広がりを見せています。

全国の協会けんぽは、健康経営宣言事業を行っています。また、経済産業省は、健康経営優良法人の認定を進めています。

このような全国的な健康経営の流行に加え、政府の働き方改革の推進もあり、労働者の企業への見方が変わりつつあります。特に若者は、安定した大企業よりも、自由な働き方の出来る企業を選ぶ傾向にあります。将来に向けて優秀な人材を確保するためには、この流れに乗り遅れることなく、健康経営を志す姿勢をアピールする必要があります。

健康経営では、メンタルヘルス対策に加え、適切な健診の実施、バランスの取れた食事や運動習慣の促進、その他の法令順守が求められます。弊社の健康経営コンサルティングは、東京商工会議所の認定する健康経営アドバイザーが担当いたします。