誰もがいきいき働ける社会をつくる。

専門技術

カテゴリ一 記事一覧

REBT(論理療法)の特徴と認知行動療法との違い

REBTとは、アルバート・エリスの認知行動療法であり、論理療法という名前でも知られています。 「アルバート・エリスの認知行動療法」と言っているように、大きな意味では、REBTは認知行動療法の一種です。特に、アーロン・ベックの認知療法と同じ、第2世代、認知的アプローチの認知行動療法と言われています。 しかし、REBTには、REBT独自の特徴があり、それは、パフォーマンスの促進や自己実現(目標達成)を目指す、教育的・コーチング的な文脈で特に効果を発揮します。 この note では、そんなREBTの特徴について次の3つの観点から説明します。 1.行動的技法が認知(ビリーフ、信念)を変えるという姿勢